お役立ち

最近よく聞く「SaaS」とは?

もはや市民権を得た感すらあるデジタルワードの「SaaS」。

ITやWEBの業界の方以外であっても耳にする機会が多いのではないでしょうか?

ですがいざ「SaaSって何?」と聞かれたときに混乱してしまう方も少なくないのでは。

そこで今回はSaaSについて特徴からメリットやデメリット、混同されやすい言葉との違いと、日本で注目のSaaS企業についてまで説明していきます。

1 SaaSとは

1-1 そもそもSaaSとは

SaaSとは「サース」または「サーズ」と呼ばれ、「Software as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略。

SaaSはクラウドサービスの一つ。クラウドサービスとはインターネットを通してデータやアプリケーションを提供するサービスのことを指します。

従来のアプリケーションやシステムのように、自分のパソコンにインストールする物ではなく、アカウントを持つことでサービスを利用することができるのが特徴です。

つまりソフトウェアはクライアントのアカウントごとに提供されているため、オフィスだけでなく、自宅や外出先からもアクセスができるんです。

SaaSには大きく「Horizonal SaaS」「Vartical SaaS」の2つに分けられます。

  • Horizonal(ホリゾンタル)とは「水平」を意味しており、業界や業種に関係なく、特定の職種が使用するSaaS
  • Vartical(バーティカル)とは「垂直」を意味した単語で、業種ごとに特化した機能を持っており、その特性から「業界特化型SaaS」と呼ばれる

一般的なSaaSを導入している企業では月額課金性(サブスクリプション型)でサービスを提供している企業が多い傾向に。

サブスクリプションサービスについて詳しく知りたいかたはこちらもご覧ください。

スタートアップ必見!オフィスにおすすめのサブスクリプションサービス
近年流行りのサブスクリプション、いわゆる「サブスクサービス」。 オフィスでの活躍が期待できるサービスをジャンル毎に紹介しています。

1-2 メリットやデメリット

前述のようにSaaSはインターネット環境があればいつでも、どこからでもアクセスできることが特徴の一つ。

また複数のチームや複数のユーザーで同時にデータの管理や編集ができます。これはパッケージ型のソフトウェアにはないメリットですね。

ビジネス面でのメリットとしては、SaaSではクラウドサーバーのソフトウェアを利用するので、自社でのソフトウェアの開発は必要ありません。

ソフトウェアの開発費用に加え、導入への準備期間も短くでき、コストを大きく下げることができます。

またユーザー側での管理が不要でランニングコストを抑えることができることもポイントです。

一方でSaaSは基本的に用意されているソフトウェアを使用するだけなので、カスタマイズ性は非常に低いのがデメリットとも言えるでしょう。

自社の業務にあったサービスが見つからない場合、サービス提供者に独自のカスタマイズを相談、依頼するのも効果的です。

2 混同されやすいASP、Cloudとの違い

SaaSと混同されやすいITワードに「ASP」や「Cloud」があります。

ASPとは「Application Service Provider」の頭文字をとった言葉。業務用アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供するサービスです。

Cloudは「cloud computing」の略称。インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスを提供する利用形態を指します。

間違えやすい他のクラウドサービスとの違い

SaaSには混同されやすい他のクラウドサービスがあります。

代表的な6つのサービスは以下の通り。

 

BaaS

BaaSとは「Backend as a Service」の頭文字を取ったもので、「バース」と呼ばれています。
スマートフォン向けWebアプリケーションに必要な機能を提供するサービスです。

 

PaaS

PaaSとは「パース」と呼ばれ、「Platform as a Service」の略。
アプリケーションソフトが稼働するためのデータベースやプログラム実行環境などが提供されるサービスのことを指します。

 

IaaS

IaaSは「イアース」や「アイアース」と呼ばれ、「Infrastructure as a Service」 の略称。
IaaSは仮想化技術を利用してハードウェアリソースなどのITインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービスです。

 

DaaS

DaaSとは「Desktop as a Service」の頭文字をとった言葉で、「ダース」と呼ばれます。
クライアントにPCなどのデスクトップ環境をクラウドのサーバーから提供。

 

IDaaS

IDaaSは「Identity as a Service」の略称で、「アイディーアース」や「アイダース」と呼ばれています。
アイデンティティの管理をSaaSやIaaSなどと同じくクラウド上で管理するサービスです。

 

XaaS

XaaSとは「ザース」と呼ばれ「X as a Service」の略。
情報処理に用いられる資源の全てを、インターネットを上でサービスとして提供するサービスです。

3 注目度が高い国内のSaaS提供企業の紹介

SaaS企業は近年、注目度が高くスタートアップでもSaaSの増加傾向にある程。

ここでは注目度が高いSaaS企業を紹介します。

※こちらの情報は2020年2月時点のものです。

3-1 株式会社MoneyForward

MoneyForward(マネーフォワード)は2012年にスタート。設立からわずか5年で上場を果たしたことで話題になりました。

クレジットカードとアプリを連携させることで家計簿を自動で作成してくれるサービスを提供。

その他にも、複数の金融機関と連携して銀行口座を登録することで金融資産の管理を可能にしています。

レシートを撮影するだけで支出欄に入力できるなど、多機能が売りのFintech企業の一つ。

最近は、LINE PayやPayPayなどのキャッシュレスブームが話題になっています。

海外と比較すると日本では現金決済の割合が多く、キャッシュレスとの組み合わせには絶大の効果を発揮するマネーフォワード です。

株式会社マネーフォワード
株式会社マネーフォワードのコーポレートサイトです。会社情報、プレスリリース、採用情報などさまざまな情報を掲載しています。

3-2 株式会社FIX STaRS

FIX STaRS(フィックスターズ)は2002年に設立されました。

”Speed up your Business” をコーポレートメッセージとして掲げるソフトウェアカンパニー。

ビジネスのスピードアップを図りたいという顧客ニーズに答えるために、マルチコアプロセッサCell Broadband Engineに関連したソフトウェア開発サービスを提供しています。

会社概要 - 株式会社フィックスターズ
株式会社フィックスターズのコーポレートサイトです。会社概要をご紹介します

3-3 株式会社PLAID

PLAID(プレイド)は2011年に創業しました。

2018年にGoogleCloudのパートナー支援プログラムであるGoogle Cloud SaaS の、イニシアチブへの参加企業としてSaaSパートナーとして初めて認定。

これは世界40ヶ国100社以上のうちの1社として発表されました。

ミッションは「データによって人の価値を最大化する」。

その中でオンライン上のユーザーの行動や感情を可視化し、一人ひとりに合わせた体験を設計できるプロダクト「KARTE」を開発・運営してきました。

会社概要 | 株式会社プレイド
KARTEを提供する株式会社プレイドの「会社概要」ページです。

PLAIDについて詳しく知りたい方はこちらも是非、ご覧ください。

急成長スタートアップ プレイドがGINZA SIX600坪へ大型移転を振り返る!
リモートワークをはじめスタートアップの働き方が多様化する中、2018年5月から600坪のGINZA SIXにオフィス移転したプレイド倉橋社長へインタビュー! オフィスへの考え方や移転の決め手など、様々な狙いをお伺いしました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は主にデジタル業界で使用されるワードの一つであるSaaSについて、定義や特徴などについて紹介してきました。日本でもSaaS企業の注目度が高くサービス内容も様々です。

また他のクラウドサービスである「BaaS」「PaaS」「IaaS」「DaaS」「IDaaS」「XaaS」など混同されやすい言葉を理解し、サービスの違いを明確にしましょう。

注目のサービスが続々参入しているSaaS領域、今後の動向にもぜひ注目して見てくださいね!

タイトルとURLをコピーしました