お役立ち

リモートワークと組織のコミュニケーション戦略を事例から見る

リモートワークが日常化すると同時に、これまでのコミュニケーション手段が大きく変化しています。そのため企業メンバーの一体感を醸成し、満足度の高い組織を目指すためには今までと異なる手法も検討しなくてはなりません。

そこで今回はリモートワーク時代において企業が行なっている、参考になりうる魅力的な取り組みなどをまとめてみました!

1 社内イベント「MACハッカソン」 -株式会社M&Aクラウド-

2020年7月からスタートした「MACハッカソン」。

各部門のメンバーが自分たちの業務課題を洗い出し、エンジニアたちのサポートを得て自らDXに挑戦するイベントです。
小グループに分かれて日常業務の課題をシェアし、挙がった課題を解決するツールを作り、最後に各チームが成果発表をする流れとなっています。

オンラインでのコミュニケーションが特に盛んな今、リアルな場においても毎回切り口を変え、常に切磋琢磨を行う姿勢は見習いたいものです。

M&Aクラウド | 買い手や投資家に会えるプラットフォーム
M&Aクラウドは、事業売却や資金調達に向けて、優良買い手や投資家に自らコンタクトが取れて、すぐに会うことが出来るマッチングプラットフォームです。

2 メンバーでのブログリレーやワークショップ -株式会社HackCamp-

「HackCampの実現したい社会」テーマに、メンバーでブログリレーを行なっています。

さらに公開型のアイデア量産ワークショップなども積極的に行なっており、オンライン上でも会社の方向性、個人が目指すべき方向性などを積極的にインプット、アウトプットしている例と言えます。

事業へのエンゲージメント向上が狙える仕掛けとして非常に参考になります。

HackCampチームで描く、未来のつくりかた。イノベーションの民主化を進めている会社です。

3 メンバーのライフイベントの予定で共有 -株式会社イーライフ-

株式会社イーライフは全国約1000名のスタッフがテレワークを行なっています。実は創業より20余年にわたりテレワークを導入している会社でもあります。

G Suiteカレンダーを活用しメンバーの「通院」や「子どもの送迎」などの予定を可視化し、共有。テレワークを前提とした組織づくりを行っています。

また、その取り組みが評価され、平成29年度の総務省の「テレワーク先駆者百選」に選定されています。

株式会社イーライフ | 戦略立案から実行まで顧客とのコミュニケーションを実現
戦略立案から実行まで顧客とのコミュニケーションを実現

4 テレワークとオフィス出社のハイブリッドモデル -HubSpot-

HubSpotは以前からテレワークを推進してきましたが、2021年以降の働き方のモデルとして「テレワークとオフィス出社のハイブリッドモデル」を発表しました。

従業員は、以下の3つの働き方を自分自身で選ぶことができるようです。

  • @office…週3日以上、オフィスに出社する働き方。オフィスで専用デスクが与えられますが、自宅でのテレワーク環境を整備するための支援は行われない形式。
  • @flex…オフィスへの出社は週2日。オフィスではフリーデスクを使用します。自宅でのテレワーク環境を整備するための支援が受けられます。
  • @home…自宅やシェアオフィスで勤務する形態です。自宅でのテレワーク環境を整備するために、全面的な支援が受けられます。

従業員は自身の働き方を3つの中から選択できるだけでなく、年に1度、働き方を見直す機会も。また、自宅勤務を選んだ従業員であっても、研修や福利厚生などの特典を受ける仕組みが用意されています。

HubSpot | インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア
HubSpot(ハブスポット)は、見込み客を惹きつけ、リードに転換し、顧客化を促すためのインバウンドマーケティング及びセールスのソフトウェアです。

5 オンラインTGIF -株式会社トライエッジ –

「TGIF」は、「Thank God, It’s Friday.」の頭文字を取ったもの。
これは直訳すると「神様ありがとう、今日は金曜日だ」という意味になります。
元々は、学校や仕事を終わる金曜日に、無事に一週間を終えたことや週末をこれから迎えることを祝う目的で言われる言葉。

海外の企業ではTGIFにイベントを行う例などは少なくありません。そのTGIFをオンラインで取り入れたのがトライエッジ社。

イベントを毎月最終金曜日にオンラインで実施しています。

  • 子育中の社員もいるので、昼間の開催と夜の開催を隔月で交互に開催
  • 時間は90分
  • 食事や飲み物は、会社で準備し、自宅に配送

というもの。

社員が各自で住所を入力することで、自宅に食事と飲み物が届くというシステム。オンライン懇親会にもかかわらず、全員が同じものを食べられるので、一体感が生まれます。

普段あまり関わらないメンバー同士が会話をする機会になり、一ヶ月の区切りにもなるため、なかなか好評なんだとか。

TRIEDGE

6 自社商品をテレワークに活用 -東急不動産株式会社-

東急不動産では2016年よりテレワークを導入。在宅勤務やモバイルワークなどを試験的に導入しつつ、サテライトオフィス勤務なども支援しています。

東急不動産で注目したいのは、自社で販売する「商品」として在宅ワークに最適な住居を「テレワークモデル」として提供したり「ビジネスエアポート」としてサテライトオフィスを提供したりしている点。

自社のテレワーク導入で得た知識や経験を、自社の提供する施設に活用しています。

東急不動産|環境とともに、街とともに。
東急不動産の公式サイトです。広域渋⾕圏の街づくりをはじめ、都市開発、オフィス、商業施設、再⽣可能エネルギー、マンション、ウェルネス、リゾート施設、海外事業などの取り組みをご紹介します。

7 テレワーク中の状況をマネージャーが把握 -サイボウズ株式会社-

サイボウズ社では、テレワーク中の部下の状況をマネージャーが把握するために「ザツダン」という仕組みを取り入れています。

これは朝10時からメンバーの進捗状況の確認などを含めたコミュニケーション施策。

この取り組みにより、単なる業務の進捗だけでなくメンバーのモチベーションに関わる悩みなども把握できるようになり、より正確なマネジメントができるようになったとのことです。

サイボウズ株式会社
サイボウズはクラウドベースのグループウェアや業務改善サービスを軸に、社会のチームワーク向上を支援しています。

8 正社員として勤務しながら他の仕事も許容 – 株式会社LiB-

人材紹介業を強みとする株式会社LiBでは、正社員の仕事と並行して他社業務を行える「メンバーシップオプション」制度を導入しました。

その結果、地方や子育て中の女性でも働ける場を創出することに成功し、これまでの雇用条件では見つけられなかった優秀な人材の雇用に成功しました。
テレワークの導入により他の仕事をしながら正社員として在宅で業務ができることは大きなメリットと言えるでしょう。

株式会社LiB(リブ)
女性向けのライフキャリア支援サービスを展開する、株式会社LiB(リブ)のWebサイトです。

9 自社の事例をパッケージ販売 -Dell-

アメリカのコンピューターテクノロジー企業として知られるDell。コロナのパンデミック以前からテレワークの導入が進んでおり、従業員の25%がフルリモート、または週のうち数日の在宅勤務を行っていました。

在宅勤務によるオフィスコストや通勤コストの低減を試算するだけでなく、テレワークが環境に寄与する効果の試算も行い、その結果を公開しています。

さらに注目したいのは、自社のテレワーク経験を元に、テレワークで働く従業員のIT環境を整える製品を「テレワークパッケージ」として販売している点。

テレワーク体験を自社に蓄積するだけでなく、商品化し売り上げ向上に繋げています。

Dell 公式サイト (Dell Japan) | Dell 日本
テクノロジーソリューションを提供するデル株式会社のウェブサイトです。ノートパソコン(PC)、デスクトップパソコン(PC)、タブレット2-in-1 PC、ワークステーション、サーバー、ストレージ、モニター、プリンター、周辺機器をオンラインで購入できます。

10 従業員幸福度を重要視した環境整備 -株式会社ガイアックス-

ソーシャルメディアの企画・開発を行うガイアックスでは、2015年9月に「事業部の売り上げを3倍にする」という目標を掲げました。

その中で最初に取り組んだのが、労働環境の改善です。

在宅勤務制度を試験的に導入しつつ、従業員のフィードバックを受けながら改善した結果、なんと離職率0%を達成。同時に売り上げを5倍に飛躍させました。

その他にも「リモートワーク費」としてオフィス外でも仕事ができるように手当を支給しています。

ガイアックスで特徴的なのは「従業員幸福度」の調査結果を重視していることです。

「従業員幸福度」は、アメリカのギャラップ社なども導入し全世界の1,300万人のビジネスパーソンを対象に実施している指標です。

従業員のエンゲージメント(従業員幸福度)を測定する目的で12の質問をして幸福度を調査するもの。

日本の従業員の幸福度は、調査した139か国の中でも132位と極めて低いものでした。

しかしガイアックスが従業員の幸福度に焦点を当て、組織経営を変革した結果「離職者をゼロにでき、さらに売り上げが増やせた」という取り組みは、多くの企業の参考になると言えるでしょう。

株式会社ガイアックスの公式サイト › Gaiax - ガイアックス オフィシャルサイト
Gaiaxは「Empowering the people to connect 〜人と人をつなげる」をミッションに創業したスタートアップスタジオです。人と人の思いがつながることで、互いが自然と助け合う社会へ変わっていく未来を信じ、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミー領域を中心とした事業を展開しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。多くの会社が様々な取り組みを行なっていました。

メンバーのライフスタイルを重要視するもの、レベルアップにスポットを当てたもの、リモートワークの事例すら商品にしてしまうことすらありました。

自社のビジネスやフェーズによって導入可否が異なる点はありますが、リモートワーク時代の組織運営にぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました