お役立ち

バキバキ腰にさようなら?! 腰痛を防止できる椅子&クッションの選び方

長時間のデスクワークで腰痛が辛い…

なんて経験はありませんか?

痛みや違和感をそのまま放置しておくと、普段の生活にも支障をきたしてしまうかもしれません。とは言っても頻繁に整体やマッサージに出向くのも難しいですよね。

そこでデスクワークによる身体の痛み対策に最適なオフィスチェアやクッションを取り入れてみてはいかかでしょうか。

今回はデスクワークによる身体の痛み軽減が期待できる、おすすめのアイテムや選び方について説明していきます!

1 椅子に座っていても疲れる原因って?

椅子に座っていて疲れてしまうのは、間違った座り方をしていることが原因かもしれません。

特に猫背や頬杖をつく姿勢は、頭が腰より前に出てしまうため腰に大きな負担を与えてしまいます。

また机に対して斜めに座ったり、足を組む姿勢なども腰の左右どちらかに負担をかけてしまうので腰痛になってしまう恐れも。

そして一見楽に見える背もたれに大きくもたれる座り方も、体を圧迫してしまい首回りが緊張して肩や腰に負担がかかってしまいます。

そのため、腰痛を予防・改善するためにも正しい座り方を覚えておきましょう。

腰痛対策には座る際の姿勢が大切です。パソコンや机に向かって座るときは、骨盤を起こして立てて深く座り下腹部に力が入るようにします。

足は、足の裏全体が床に着くようにすることがポイント。高すぎる椅子は、前傾姿勢になってしまうので注意が必要です。

そしてきちんと背もたれに寄りかかり背筋を伸ばすことも意識しましょう。

2 腰への負担を軽減させてくれるオフィスチェアを選ぶときにチェックしたい3つのポイント

腰痛防止に効果的なオフィスチェア選びには、3つのポイントがあります。

一つ目はランバーサポート機能が付いていること。これは椅子の背もたれ部分の中心部分をカーブさせる作りになっていることで、背骨のS字形状を保ってくれるんです。

背骨が自然にカーブすることで、骨盤が立ち腰への負担を軽減してくれます。

二つ目はヘッドレストが付いていること。これは人間の一番重い部分である頭を支えることで、頭の重さを分散してくれるんです。

頭を正しい位置に固定することにより、姿勢の乱れを防ぎ腰への負担も軽減してくれます。

最後に腰当てが付いていることがポイント。これはランバーサポート機能同様に猫背を防ぎ、背骨のS字カーブを保つことができます。

3 おすすめのオフィスチェア

ここでは身体の痛みや負担軽減が期待できる、オフィスチェアを紹介していきます。

3-1 座面にかかる圧力が均一化されるオフィスチェア「ゼノン2」

腰痛が気になる方は、Hara Chair(ハラチェア)シリーズの「ゼノン2」がおすすめ。これは、長時間のデスクワークでも快適に椅子に座り続けられる3つのポイントが搭載されています。

まず座面を二面に分離し空間を作り骨盤を楽に覆ってくれるんです。

姿勢が変わってもこの二つの座面が独立的に動きながら、利用者の体型に合わせた正しい姿勢を作ることができます。これにより、体に無理を与えない快適さを維持してくれると言えるでしょう。

次に座面の上下運動で、利用者の体型に合うように自動調整を可能にしています。

体に最も理想的な骨盤角度に維持してくれるので、座った際の体重を分散。これにより腰・骨盤に負担をかけずに下半身の血行を円滑に維持させてくれることが期待できます。

最後に左右の座面が利用者の体型に合わせ、左右運動により常に安定した楽な姿勢を可能にしてくれます。これにより骨盤・筋肉をほぐすことで、長時間のデスクワークでもストレスを軽減してくれるでしょう。

このことから座った際に座面にかかる圧力が均一化され、腰痛を軽減してくれます。


出典:https://item.rakuten.co.jp/arne-style/0183a00084/

https://item.rakuten.co.jp/arne-style/0183a00084/

3-2 機能性を充実させたオフィスチェア「Blaze」

「Blaze(ブレイズ)」は機能性を充実させたオフィスチェア。これにはポイントになる、3つの機能を搭載しています。

まずアームレストが可動式になっているので、休憩時は下にさげることができ、必要のない時は上に上げて収納することができます。

二つ目にロッキング機能を搭載。体重移動に合わせ、背もたれと座面が倒れる仕様になっているんです。これにより長時間の作業による体への負担を軽減してくれます。

三つ目に座面の高さを調整を自在にするためにガス圧昇降式機能が搭載されています。様々な背丈の方にもレバーをワンタッチするだけで快適に調節が可能です。


出典:https://item.rakuten.co.jp/look-it/nf-ch6661/

https://item.rakuten.co.jp/look-it/nf-ch6661/

4 オフィスチェアと合わせて使用したいクッション

腰痛対策にはオフィスチェアだけではありません。クッションを一緒に使用することで腰や背中の負担を和らげてくれる効果があります。

腰痛クッションには目的や用途に合わせた、様々なタイプがあるんです。

ここでは、用途の違う3つの腰痛クッションのタイプを説明していきます。

4-1 お尻の下に敷くタイプのクッション

腰痛を軽減するために、一般的に多く利用されているお尻の下に敷くタイプのクッション。

このクッションはお尻の下に敷くことで体の重心に合わせクッションが変形してくれます。体圧が分散されることにより腰の負担を軽減してくれることがメリット。

多くの種類が存在していますので、自分のお尻に合った物を選ぶことが、効果的に腰の負担を軽減するために重要です。

4-2 骨盤を包み込むようにサポートしてくれるタイプのクッション

お尻の下に敷くタイプのクッションではありますが、骨盤をサポートしてくれることで腰痛を和らげてくれることがポイント。

このタイプは傾斜がついていたり骨盤を包み込むような形状になっており、骨盤が自然と起きるように矯正してくれるんです。

それにより腰が曲がったままにならないので、骨盤の上にしっかりと腰の骨がのるため、腰回りの筋肉の余分な緊張をなくしてくれます。

4-3 背もたれと背中の間に入れるタイプのクッション

背もたれと背中の間に入れるタイプのクッションは、お尻の下に敷くタイプのクッションが合わない方におすすめ。

背もたれと背中の間に入れることで隙間をなくしてくれます。

これにより背中の接触面積を大きくすることで、体圧を分散し背中を支える力を高めて腰への負担を軽減してくれます。

5 腰痛対策におすすめのクッション

ここからは腰痛対策におすすめのクッションを紹介していきます。

5-1 世界累計販売数120万個突破した「ブルーマジック」

ブルーマジックは世界累計販売数が120万個突破したクッション。

独自の蜂の巣構造と厚みのある圧力分散ゲルが体圧を分散してくれます。また背中と腰、お尻への負担を軽減してくれます。

卵を敷いて座っても割れないほど抜群の柔らかさと、ハニカム構造で通気性も良く蒸れにくいことが特徴です。


出典:https://item.rakuten.co.jp/drinkexpress/4573331700933/

https://item.rakuten.co.jp/drinkexpress/4573331700933/

5-2 「エアーポータブルクッション」

エアーポータブルクッションは、持ち運べるタイプのシンプルなクッションです。

カバーを取り外すことで洗濯ができることもポイント。

マットレスと同じ仕組みになっており、体を点で支えるウレタンにより体圧を分散することで、長時間座っても腰回りに負担がかかりにくい構造になっています。


出典:https://item.rakuten.co.jp/futontanaka/07-ns-3887/

https://item.rakuten.co.jp/futontanaka/07-ns-3887/

5-3 オシャレなデザインが魅力的な「バックサポーターエイト」

バックサポーターエイトは背もたれと背中の間に入れるタイプのクッション。

8の字型のデザインが印象的で、見た目も重視したい方におすすめです。

中身のパウダービーズが身体をしっかり支えることで、腰や背中にかかりがちな負担を軽減してくれることが期待できます。


出典:https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/151-000019-11/

https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/151-000019-11/

 

6 普段使っているオフィスの椅子を届けてくれるサービスも

家に机と椅子はあるけど、やっぱりオフィスで普段座っている椅子の方がしっくりくるなぁ…という方は、その椅子を自宅に運んでくれるサービスを利用してみましょう!

6-1  Kagg Home(カグホーム)

オフィス家具通販サイト「Kagg.jp」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染・拡大防止を契機に広がる在宅勤務を支援するため、企業のオフィスで使用しているチェアを従業員の自宅へ配送するサービス「Kagg Home(カグホーム)」を期間限定で提供しています。

なんとクリーニング付きです!

在宅勤務を導入する企業向けに、オフィスで使用中のチェアを従業員宅に配送するサービス『Kagg Home』 - Kagg.jp
企業のオフィスで使用しているチェアを従業員のご自宅へ配送するサービスです。1脚あたりの配送料とクリーニング費用がそれぞれ5,000円。在宅勤務応援キャンペーンとして、今なら2,000円OFF!

6-2 オフィス内装のプロ、トレイルヘッズ株式会社の期間限定配送サービス

オフィスの内装を手掛けているトレイルヘッズ株式会社による期間限定サービス。

椅子だけでなくモニターも運んでもらえます。
また、都内23区の近辺も対応可能とのことです。

【5月末まで期間延長!】オフィスからご自宅へ、オフィス什器のプチ引越しをサポート | TRAIL HEADS | トレイルヘッズ株式会社
東京都渋谷区。TRAIL HEADS,Inc は、働く場とその周辺をプロデュースする集団です。実績の紹介・会社概要・お問い合わせなど。

※サービス提供期間が各社異なっておりますのでご注意ください。

まとめ

今回は腰痛を軽減してくれるオフィスチェアやクッションの選び方について説明してきました。

椅子に長時間座っていると疲れてしまう原因は、間違った座り方が原因かも。これにより疲労感だけではなく腰痛などを引き起こす可能性があります。

腰痛対策のためにもオフィスチェアやクッションを選ぶことも大切です。

タイトルとURLをコピーしました