お役立ち

今さら聞けないVC(ベンチャーキャピタル)とは?

起業したばかりの会社が資金を調達する手法として注目されているVC(ベンチャーキャピタル)。

すでに出資を受けたことがある方もいれば、名称だけは知っている方もいるでしょう。

本記事ではベンチャーキャピタルの意味や仕組み、種類などについて解説いたします。

1 ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは、スタートアップやベンチャーなど成長性が見込める未上場の企業に対して出資を行う投資会社・機関のことを指します。

企業価値が上がることで投資した企業が上場やM&Aをした際に、株式を売却または事業を売却し利益を得ることを目的としています。

1-1 銀行との違い

同じように企業に資金を提供する役割をもつ機関として「銀行」が存在します。では銀行とベンチャーキャピタルはどのような違いがあるのでしょうか。

 

銀行とベンチャーキャピタルの大きな違いは返済の義務の有無です。

 

銀行は「融資」なので銀行への借金となり利息も含め返済していく必要があります。

 

一方でベンチャーキャピタルは、主に株式との引き換えに資金を得る「出資」という形をとるので返済の義務がありません。

そのためベンチャーキャピタルは出資金が回収できないというリスクを想定し、マーケットのリサーチ・事業計画・代表者の経歴・競合分析など独自の基準を設けて出資企業の審査を行います。

 

2 ベンチャーキャピタルの役割と仕組みとは?

次に、ベンチャーキャピタルが持つ役割と収益モデルについて解説していきます。

2-1 ベンチャーキャピタルの大きな役割は「企業の成長支援」

ベンチャーキャピタルは出資だけでなく、企業の成長支援の役割を持ちます。

それは多くの場合、企業への出資と同時に企業価値向上のために経営コンサルティングを行うからです。

経営ノウハウや人的リソースなどが不足しているベンチャーやスタートアップ企業にとっては魅力的ですね。

また積極的に経営に参画してくることをハンズオンと言い、業界内だと「○○はハンズオンで△△はハンズオンでない」と表現されることもあります。

ハンズオンについては相性もあるので、事業相談をする際に決めていくと良いでしょう。

2-2 ベンチャーキャピタルの仕組みと収益モデルについて

続いてベンチャーキャピタルがどのように投資を行い、収益を得ているかの仕組みを解説いたします。

ベンチャーキャピタルが投資するパターンとして、主に以下の2つが挙げられます。

①「自己資金を使って未上場の企業に投資するパターン」

②「投資事業組合(ファンド)を設立し、投資家から集めた資金を使いファンドマネージャーとして投資するパターン」

どちらのパターンも基本的に収益を得るタイミングは、投資した企業が上場した際に保有している株を売却した時が主になります。

また、投資している企業が他の企業に買収された際の株式売却なども収益を得るタイミングになります。

 

さらに②の場合だと、出資した企業の株式の売却益以外に、ファンドの運用報酬もベンチャーキャピタルの収益になります。

 

投資した企業が成長しなかった場合は、ベンチャーキャピタルは収益をあげることができないため、前述したように企業の価値を高めるための「成長支援」を行います。

 

成長支援の方法はベンチャーキャピタルによって様々ですが、経営のコンサルティングやノウハウの提供、また提携先の事業の紹介など、出資以外のサポートを行うことで自分たちの投資回収の見込みを可能な限り高めます。

 

3 ベンチャーキャピタルのメリット・デメリットとは?

ベンチャーキャピタルを利用する上でのメリット・デメリットを解説いたします。

3-1 メリット

投資を受ける企業にとって、一番のメリットは返済不要の資金援助を受けられることです。

資金援助を受けることができれば設備投資や人的リソースの拡充など、サービスの価値をより高めるための原動力になります。

 

さらに、有名なベンチャーキャピタルから資金を調達したことが対外的に会社の信用を高めることにつながるケースもあります。

また「成長支援」という点では各ベンチャーキャピタリストで経営コンサル、採用支援、後方支援、事業会社との連携、投資先コミュニティなど幅広く行っています。

ベンチャーキャピタルを利用することは、企業の成長速度を上げるための良い手段だと言えるでしょう。

3-2 デメリット

前述したとおり、資金調達は株式を譲渡することで資金を受けるため、何%を譲渡するのかは注意が必要です。

またベンチャーキャピタルではまれですが投資家によっては、企業の経営方針に対して強く干渉されてしまう可能性があります。

経営プランに関して対立しないように、上手く折り合いをつけていくことが必要となるでしょう。

その他にも将来性の見込みがないと判断された場合、早めの資金回収を求められる可能性があるので注意しなければなりません。

当然ですがベンチャーキャピタリストもファンドの運用を投資家から任されているので、収益化が求められます。

ビジネスパートナーである以上、お互いの目指すべき方向性、信頼関係を見極めた上で出資先を決めましょう。

 

4 知っておきたいベンチャーキャピタルの種類

ベンチャーキャピタルと一口に言っても、実は目的や組織によって様々な種類に分けられます。ここでは種類別に解説していきます。

 

4-1 CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)

コーポレートベンチャーキャピタルとは、事業会社が運営するベンチャーキャピタルのことを指します。

通常のベンチャーキャピタルとは少し異なり、自社の事業と領域が近いものやシナジーが効く企業に対して投資を行い、自社との相乗効果を得ることを目的としている場合があります。

コーポレートベンチャーキャピタルによって重要視する点が違うので、出資を受ける際に確認すると良いでしょう。

基本的に資金は事業会社が出し、投資は投資部門か子会社の投資会社が行います。

 

代表的な組織として、「NTTドコモ・ベンチャーズ」や「電通イノベーションパートナーズ」などが挙げられます。

 

4-2 政府系ベンチャーキャピタル

政府系ベンチャーキャピタルとは、政府や公共団体などの組織が運営しているベンチャーキャピタルのことを指します。

インフラや福祉などをはじめ国や世界規模で需要がある事業などに出資をしていることが多いようです。

投資した企業に対して無理に上場を促されないことや、収益性だけでなくミッションなどを重視することが特長と言えるでしょう。

 

代表的な組織として「東京中小企業投資育成株式会社」や「産業革新投資機構」などが挙げられます。

 

4-3 金融機関系ベンチャーキャピタル

金融機関系ベンチャーキャピタルとは、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関が運営しているベンチャーキャピタルのことを指します。

事業シナジーや企業の成長よりも純粋に投資目的での活動をするケースが多いため、ジャンルを問わず幅広い業種に投資を行うことが特徴です。

 

代表的な組織として、「三菱UFJキャピタル」や、「JAFCO(ジャフコ」、「ティーキャピタルパートナーズ(旧 東京海上キャピタル)」などが挙げられます。

 

4-4 大学系ベンチャーキャピタル

大学系ベンチャーキャピタルとは、私立大学や公立大学が運営しているベンチャーキャピタルのことを指します。

その大学の研究に関連した企業や研究結果を活用した企業を投資対象にしており、大学で研究されている技術などを事業化させるための手助けや成長を促す役割が強いところが特徴です。

代表的な組織として、「UTEC」や「KII(慶應イノベーションイニシアティブ)」が挙げられます。

 

4-5 独立系ベンチャーキャピタル

独立系ベンチャーキャピタルとは資金提供を行う親会社などがなく、どの組織にも属さず独立して資本を持ち運営しているベンチャーキャピタルのことを指します。

親会社の意向がなく純粋に収益を得るための投資を目的としている場合が多いため、投資する企業のジャンルは様々で幅広く扱っています。

 

代表的な組織として、「日本ベンチャーキャピタル」、「グロービス・キャピタル・パートナーズ」などが挙げられます。

 

まとめ

ベンチャーやスタートアップ企業にとってベンチャーキャピタルは資金調達の方法として魅力的な手法の一つです。

投資やサポートを受ければ自社の成長をさらに高める可能性があります。

より自社を伸ばしていきたいと考えている方は、ベンチャーキャピタルのメリットやデメリットをきちんと把握したうえで活用を視野にいれてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました