お役立ち

オフィス移転の際にも必要!企業の状態が把握できるPL/BSの基礎知識

ビジネスを展開していると決算書や企業の経営体質についての議題が出ることも。

経営をする際にも営業をする際にも就活をする際にも、決算書の内容を理解できるととても役に立ちます。その中でも特に頻出するのがPLとBS。
ですが難しい言葉が並び、項目も多岐にわたるため、なかなか勉強が億劫になってしまうことも。

今回は平易な言葉で分かりやすくPLとBSについて解説していきます。

1 Profit and Loss statement(PL)/損益計算書とは?

PL(損益計算書)とは決算書の1つのこと。
簡単に言えば一定期間の会社の経営における成績を表している表のことです。売上や諸々の費用、利益が主に記載されています。

決算書でも資料の最初に見られることが多いのが、このPL。
PLでは「売上」「費用」「利益」を見ることができます。
どれだけ売上を出して、何にいくら使い、最終的にいくら儲けることができたのかを理解することができる表だと考えてください。

会社の利益と損失がわかるため、会社の収益力を見ることができます。

2 PLの項目を見てみよう

PLは経営の状態を判断するのに複数の指標や区分を用いて記載されます。
「ここを見ておけばある程度は把握できる」と言った代表的な項目について記載します。

2-1 収益

  • 売り上げ高:営業活動で獲得されたもののこと。
  • 営業外収益:収益のうち、受取利息、受取配当金などなど主な営業活動以外の活動によって獲得されたもののこと。
  • 特別利益:①でも②でもない、固定資産売却益、投資有価証券売却益など臨時的な事由によって獲得されたもののこと。

2-2 費用

  • 売上原価:売上高を獲得するための仕入れや製品の製造にかかる費用のこと。
  • 販売管理費:人件費、広告費、荷造運賃、旅費交通費、水道光熱費、保険料、減価償却費などなど、販売活動や管理等にかかる費用のこと。
  • 営業外費用:支払利息など主たる営業活動以外の活動にかかった費用のこと。
  • 特別損失:固定資産売却損など、臨時的な事由によって生じた費用のこと。
  • 法人税/住民税及び事業税:法人の所得に対してかかってくる税金のこと。

2-3 利益

  • 売上総利益:売上高から売上原価を引いた利益のこと。一般的に言われる「粗利」はこの部分のことと考えて差し支えありません。
  • 営業利益:売上総利益から、販売費及び一般管理費を引いた利益のこと。
  • 経常利益:営業利益から、営業活動以外の活動から発生した収益・費用を加減した利益のこと。
  • 税引前当期純利益:経常利益から、臨時的に発生した特別利益・損失を加減した利益のこと。
  • 当期純利益:税引前当期純利益から法人税、住民税及び事業税を引いた利益のこと。全ての経営活動の結果とも考えられます。

このように、損益計算書には項目が多数あり、さらにいくつもの計算が必要となってきます。
毎日の記帳をしっかりとしていないと、間違った損益計算書を作成してしまうことになります。
そうすると正しい収益力を把握できなくなります。そうならないためには、会計ソフトを導入とよいでしょう。

冊子版の創業手帳では、おすすめの会計ソフトや、導入方法について詳しく解説しています。
会計ソフトは自動で損益計算書などを作成してくれる機能がありますので、とても便利でしょう。(創業手帳編集部)

3 Balance Sheet(BS)/貸借対照表とは

PLとはまた異なるBS(賃借対照表)。

Balance Sheetと呼ばれる貸借対照表とは、簡単に言ってしまえば企業の財政状況を示す書類のこと。
その会社にはどれぐらいの資産がるのか?どんな負債があるのか?を判断する時に使用されます。

4 BSの項目を見てみよう

ここからはBSを読み解く際に頻繁に出てくる言葉の意味を解説していきます。

4-1 資産とは

資産はまず、「流動資産」と「固定資産」の2つに分類されます。

流動資産と固定資産の区分は、「短期的に回収が出来るか」「長期的に回収を行うか」という点を理解しておけば読み解きやすくなります。

流動資産

流動資産とは、お金もしくは、およそ1年以内にお金となるものと考えてください。

現金や銀行への預金などを示す現預金と考えると分かりやすいかもしれません。それに加えてなんらかの商品なども売ってすぐに換金することが可能ですよね。

流動的にお金にすることができたり、お金になりそうな資産になったりするもののことを流動資産といいます。

固定資産

固定資産とは、流動資産以外と捉えてみてください。

1年以上の将来にわたって、費用や手元現金となるもののことですね。

分かりやすい例で言えば車が挙げられます。

車そのものを商品として保有している場合は除きますが、それ以外の会社は基本的には車を使って営業などのビジネスをしたりしています。

このような特性があるためすぐに換金することはできませんが、長期的にお金を生み出すという性質を保有しているがために1年以内の区分にはならず、固定資産として分類されます。

そう考えると建物や工場も同じ属性だと考えられます。

ちなみに購入してきたソフトウエアなどのデジタルツールも無形の固定資産としてBSに計上されることもあります。

4-2 負債とは

負債も資産と同様に、「流動負債」と「固定負債」の2つに分類されます。

流動負債と固定負債の区分は、「短期的に支払いをしなければならないか」「それとも長期間にわたって支払いを行わなければならないか」という点です。

ここも資産のイメージと大きく変わりませんね。

流動負債とは

流動負債とは、およそ1年以内に現預金の支出につながるもののこと。

会社は現金のみで大きなお買い物をすることは決して多くないですよね。
そのため「掛取引」として、もし商品の購入、サービスの導入を行ったとしても、その後に請求書を発行します。

仕入取引において掛取引を行うと、後払いを行うための勘定として「買掛金」という負債を負うことになるんです。

一般的には1ヶ月後などに請求書が到着して支払いを行いますが、この買掛金は上記の定義に照らすと流動負債に分類されます。

それ以外にも短期的に借りている借入金なども流動負債として判断されます。

固定負債とは

固定負債とは、およそ1年を超えて現預金の支出につながるものです。

資産のケースとほぼ同様ですね。

一年以上の期間を超えて手元現金の支出となるもののことです。長期借入金や資産除去債務などがこれに該当します。

純資産とは

純資産は、資産と負債の差額のこと。

例えば、現金が1000万円あって、借入金が300万円あった場合は、差引700万円が純資産となります。

ただし、その内訳を考えてみるとなかなか複雑な構造になっていることがほとんど。

この1000万円は利益だけで成り立っている可能性もあれば、VCや投資家から調達したお金が含まれている可能性も。

純資産自体は簡単に資産から負債を差し引けば数字を出すことはできますが、企業が利益や株式による資金調達で自己で賄っている資金部分を示したと考えることが大切です。

この純資産は自己資本などとも呼ばれ、簡単に言ってしまえば、純粋に自身で調達した資産とも考えられます。

まとめ

PLやBSについてご紹介してきました。

普段から見るクセをつけて勉強しないとなかなかインプットが難しい部分ですが、ポイントだけ抑えておけば最低限の企業分析はできるはず。

今回ご紹介した内容を活かして、ぜひ決算書などの読み解きにチャレンジしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました