お役立ち

2020年上陸の海外スタートアップと2021年のスタートアップトレンド

毎年数多くのスタートアップが世界各地で生まれ、他の地域へのチャレンジを選択しています。

今回は2020年に日本に進出した注目のスタートアップに加え、2021年に日本進出を狙う海外スタートアップをサポートするプログラムなどをご紹介していきます。

1 2020年に日本上陸

1-1 DoorDash

DoorDash Food Delivery & Takeout - From Restaurants Near You
Delivery & takeout from the best local restaurants. Breakfast, lunch, dinner and more, delivered safely to your door. Now offering pickup & no-contact delivery.

大阪から進出し、東京に支社を構えたDoorDash。

フードデリバリスタートアップとして急速な成長を見せてきたが、Uber EatsやPostmatesなどが競合となるマーケットで激しい競争を展開しています。サンフランシスコを拠点とするDoorDashは今もアメリカを中心に営業中。

同社はソフトバンクがリードした5億3,500万米ドルのラウンドを始め、注目すべき資金調達をいくつか獲得しています。

1-2 GitLab

Iterate faster, innovate together
Our DevOps platform is a single application for unparalleled collaboration, visibility, and development velocity.

2020年の日本進出に合わせ、同社にとって初めてのカントリーマネージャを日本に配置。

GitLabは、同社のソフトウェア開発とコラボレーションツールのおかげで、多くのプログラマにとり必要不可欠なツールとなりました。

同社はMicrosoftに買収されたGitHubと競合しているが「完全な DevOps プラットフォーム」と呼ばれるべく開発者のワークフローに広範に注力しています。

DevOps に対する市場の関心の高まりから、過去2年間で2回の大規模資金調達ラウンドを完了しています。

1-3 JSC Robbo

Code Your Imagination
Code Your Imagination

2000年にサンクトペテルブルク(ロシア)で設立された、5歳~15歳の児童向けロボット製作キットと教育・学習プログラムを提供するスタートアップ。

ロシアに本社を構えながら、発想力、論理力、表現力、批判的思考力、コミュニケーション力という5つの項目を重視するフィンランドの教育メソッドを採用しており、オリジナルのプログラムを英語で作成しています。

また、欧州連合から補助を受け、Industry4.0に関わる新しいカリキュラムも開発。同社の教材はフィンランド国内だけで60ヵ所以上の学校に同社の教材が導入されているほか、欧米20ヵ国以上で販売されています。

2 2021年ロシアのスタートアップから日本への関心も

スタートアップ、テックジャイアントといえばアメリカや中国、イスラエルなどが浮かびますが、ロシアもスタートアップが盛んに。首都モスクワを筆頭に各地でスタートアップ・エコシステムの形成が進んでいます。

ロシア国内にとどまらず海外展開を目指すスタートアップが続々と出現しているため注目が集まります。

JETROがまとめているPDFにロシアの注目スタートアップが記載されているので、チェックしてみると面白いかもしれません。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/d0f06fe2eed8c661/20200038.pdf

3 カナダ発スタートアップの日本進出支援も

株式会社ゼロワンブースターが在日カナダ大使館のスタートアップ支援プログラム「カナディアン・テクノロジー・アクセラレーター・ジャパン(CTA-Japan)」の運営事業者として採択されています。
カナダのスタートアップの日本進出を支援するこのプログラムは、2021年3月1日(月)から始動します。

Japan digital – Canadian Technology Accelerator
The Canadian Technology Accelerator (CTA) global business development program will help Canadian companies new to the Japanese market gain the knowledge and con...

「カナディアン・テクノロジー・アクセラレーター・ジャパン(CTA-Japan: Canadian Technology Accelerator Japan)」プログラムの第1回目は「スマートマニュファクチャリング」「物流・サプライチェーン」「DXエンタープライズソリューション」「プロップ・テック」などカナダのデジタル・テック領域のスタートアップが対象に。

01Boosterのスタートアップエコシステムを活用しながら、事業拡大の基盤を築くための市場調査、日本企業との事業連携を目的としたネットワーキングの提供、事業戦略支援等を実施するそう。

トレード・コミッショナー・サービスの注力プログラムであるCTAプログラムは、2013年シリコンバレーに発足以来、574社のカナダスタートアップを支援し、総額6.5億ドルの資本調達、1,100件以上に及ぶカナダと海外企業とのパートナーシップを創出しています。

日本では2019年より導入され、カナダの厳選されたテック系スタートアップを対象とし日本進出・事業拡大支援しています。

4 2021年のスタートアップトレンドは?

シード期のソフトウェア系スタートアップに特化したファンド MIRAISE は「MIRAISE TREND 2021」と題した今年のスタートアップトレンド予測を公開しました。

「MIRAISE TREND 2021」 フルバージョン
MIRAISEはソフトウェアエンジニアが起業した会社へ投資する日本で唯一のベンチャーキャピタルです。普段から国内外のソフトウェアスタートアップを調査し、テック企業の方と交流し情報交換を行っています。MIRAISEからスタートアップに関わる方へ向け今年2021年のトレンドを発表したいと思います。是非お役立てください。目次...

トレンドは

  • Deviceless VR
  • De-Fi
  • Serverless
  • Contents for next smartphone
  • Nocode for Engineer
  • Virtual HQ

からなる6つの項目で構成されています。

従来からよく耳にするトピックから、コロナ禍で生まれた新語まで様々。

これらのトレンドは、MIRAISE の CEO 岩田真一氏と CTO 布田隆介氏が、昨年出会ったスタートアップや海外のソフトウェアスタートアップの事例をもとに議論して選んだものだそう。

まとめ

年々スタートアップへの注目度が増加している中、withコロナにおけるマーケットでどう世界のスタートアップが戦っていくのか、興味深いものがあります。

様々なスタートアップの動きの背景には、それらを支える機関があることも念頭におき、2021年の動向に注目しましょう。

タイトルとURLをコピーしました