お役立ち

資金調達の種類や特徴についての基礎知識

日々資金調達に関するニュースを目にしますが、スタートアップ関係であればVCなどからの調達が多く報道されています。

しかし資金調達には複数の種類が存在します。

今回はベンチャー、スタートアップなら知っておきたい資金調達に関してまとめていきます。

1 大きく3種類に分けられる資金調達方法

資金調達は実は大きく3種類に分けられます。

まずはどのような手法がどの分類になるのかを見ていきましょう。

分類 具体的な方法
アセットファイナンス ・ファクタリング
デッドファイナンス ・銀行からの融資
・日本政策金融公庫の融資
・自治体からの制度融資
・ビジネスローン
・手形割引
・私募債
・家族や知人からの借入
エクイティファイナンス ・ベンチャーキャピタルからの出資
・個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

大きく分けるとこのような分類に。

  • 会社の「資産」を何らかの形で資金に変える=アセット・ファイナンス
  • 誰かから借りる「負債」によって資金調達をする=デッド・ファイナンス
  • 会社に投資をしてもらう「資本」によって資金調達をする=エクイティ・ファイナンス

と考えて差し支えありません。

ここからはそれぞれの項目に関して説明していきます。

2 アセットファイナンス

アセットファイナンスとは、会社の持つ有形・無形の資産を売却し、資金を調達する方法のこと。

2-1 メリット

企業の信用力が低下している場合であっても、保有資産の信用力をもとに低コストで資金を得られます。

また、資産の売却は、保有する資産をオフバランス化(貸借対照表から切り離す)することに。これにより、財務体質の改善ができ、経営効率を向上させられる可能性があります。

2-2 デメリット

将来しっかりとキャッシュを生み出せるといった信用のある資産を保有していなければ、この方法を使用することができません。

3 デットファイナンス

デットファイナンスとは、銀行借入や債権発行などの負債によって、資金調達をする方法です。

3-1 メリット

他の方法に比べると、調達先が豊富で資金を得やすい方法。また、利息の支払は税務上の損金として扱われるので、税金を抑える効果があります。

3-2 デメリット

返済と利息の支払の分だけ、将来のキャッシュフローが減少します。また、借入した資金に応じて自己資本比率が下がるので、資金力がないと判断され、取引先などからの信用を失う可能性もあることを理解しておきましょう。

4 エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、株式の交付と引き換えに出資を受けて資金調達をする方法です。

4-1 メリット

原則として、調達した資金の返済義務が発生しないのが特徴。また、自己資本が増強されるため、財務基盤が安定するといったメリットもあります。

4-2 デメリット

株式に対する出資者が増えることで、場合によっては会社の経営権を掌握されてしまう可能性が。これにより、会社の組織構成などにも影響が及んだ場合、経営の一貫性や安定性などが損なわれるという恐れもあります。また、株主に対して収益に応じた配当金を支払う義務が発生するのも特徴です。

5 スタートアップ企業 / ベンチャー企業の場合はエクイティファイナンスを中心に考える

スタートアップ企業やベンチャー企業はフェーズによってはまだ銀行からの融資が難しい場合もあります。

  • 日本政策金融公庫の融資
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

など、エクイティファイナンスを中心に返済義務のない資金調達方法を検討するのもおすすめ。とはいえ事業の目的や、ステージ、事業モデルによってどのような資金調達方法が向いているのかは変化します。

スタートアップのステージに関してはこちらをご覧ください。

スタートアップのステージとは?シード、アーリー、レイターやシリーズABCなどを整理!
ベンチャー、スタートアップの世界でビジネスを展開している方は「シードステージ」「アーリーステージ」「ミドルステージ」「レイターステージ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょ...

ベンチャーキャピタルについてはこちらをご覧ください。

今さら聞けないVC(ベンチャーキャピタル)とは?
起業したばかりの会社が資金を調達する手法として注目されているVC(ベンチャーキャピタル)。この記事ではベンチャーキャピタルの意味や仕組み、種類などについて解説いたします。

6 主な資金調達方法10選

主要な資金調達方法12種類について、それぞれの説明とメリット・デメリットなどを含めて解説します。

6-1 ベンチャーキャピタルからの出資

スタートアップやベンチャーの企業に投資をするための機関であるベンチャーキャピタル。株式の当初の投資額と公開後に売却した差額で利益を上げることを目的としています。

ベンチャーキャピタルからの出資には基本的には返済義務がないため、融資限度額のない資金を調達可能することが可能です。また、多くのベンチャー企業への投資を行っているため、ビジネスマッチングや事業のアドバイスなど、多くのサポートを受けられます。

注意点としては、ベンチャーキャピタルはあくまで投資目的のため、安定株主とは異なるということ。ベンチャーキャピタルの意向に沿った経営をする必要もあります。

6-2 個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

エンジェル投資家は、有望な起業家や経営者に支援をおこなう個人投資家。個人投資家でも、場合によってはまとまった金額の出資を受けられる可能性が。また、元起業家の実体験からのアドバイスが期待できる点も魅力的です。

もし相談をする場合、そのエンジェル投資家が本当に事業のビジョンに賛同しサポートしてくれるのかをしっかりと見極めることが大切です。

6-3 クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、企業あるいは個人がファンドを組成し、専用のサイトを通じて、広く出資を募る仕組みのこと。

投資は一口数万円から可能で、あまり資金力のない投資家も含めて幅広く募集することで、まとまった資金を調達することが可能。

必要な資金が集まるかどうかがわからないという点や、ビジネスプランが多くの人の目に触れるため、アイデアを盗まれてしまう可能性があることも考慮しましょう。

6-4 銀行からの融資

銀行の融資には、プロパー融資と制度融資があります。ここではプロパー融資について説明していきます。

プロパー融資は、民間の銀行がリスクを負って資金を貸し出すことを指します。

したがって、ある程度の実績を基にした信用力がなければ融資を受けることが難しいでしょう。そのため、創業間もない企業にとっては利用するハードルは高い傾向にあります。

6-5 日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫は、中小企業や個人事業主を中心に支援を行う政府系金融機関です。

融資制度は様々ありますが、起業家向けの「創業融資制度」や「新事業活動促進資金」などもあります。ただし、審査には面談が必要。審査項目も多いため、審査にかかる時間も長くなりがちです。

6-6 自治体からの制度融資

制度融資とは、自治体の認定の元、銀行からの借入に対して信用保証協会が債務保証をする制度のこと。

銀行からの借入にはなる者の信用保証協会が保証をしているので、銀行にリスクはありません。そのためスタートアップでも銀行から資金を調達する手段として有効です。

審査の過程が多いため時間がかかってしまうことや、自己資金を50%以上準備することを条件としていることが多く、手元資金が少ない状態で多額の資金を必要としているケースでは向いていません。

6-7 ビジネスローン

ビジネスローンは、銀行や消費者金融が提供している、法人向けの融資です。まだ実績の少ない中小企業に向いています。無担保、保証人なしで利用でき、かつ審査も厳しいものではありません。また、最短で申し込んで即日借りることができるものも。

ただし、金利は高めなので返済計画をしっかり立てておくなど、注意が必要です。

6-8 私募債

私募債は、社債を発行して少数の投資家から資金を借入れる方法。担保や保証人は必要ありませんが、企業の信用力が高いことが求められます。

私募債は資金の借入ですので、金利の支払いと返済義務があります。また、広く投資家を募りたい場合は、銀行借入などよりも高めの金利を許容する必要も。

6-9 家族や知人からの借入

個人的に家族や知人から資金を借りるのも、資金調達方法の1つでしょう。近しい間柄であれば難しい手続きもなく、金利や期間などの借入条件についても、相談して柔軟に決定することが可能なのは魅力的なポイント。その反面で返済条件や借入条件の取り決めや、権利や義務などがあいまいになりやすいことも。そのため、あとで深刻なトラブルになる可能性もあります。

6-10 助成金・補助金

助成金・補助金は、主に自治体が出資や融資の形で実施している、経営の資金を援助する制度のこと。

メリットとして、返済義務がないことや、通常の融資や出資に比べて少ない負担で資金を調達できることが挙げられます。制度によって援助の内容は大きく異なります。

申し込みのための条件は、運営主体の各自治体や制度ごとに異なるため、申し込める制度が必ずしも存在するとは限りません。

まとめ

今回は資金調達に関してまとめてきました。

自社のフェーズに合わせて最適な資金調達を選択することが必要です。

資金調達を検討している際は是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました